青汁と下痢の関係

青汁を飲んで下痢?

青汁を飲んで下痢になっちゃって・・・といった声を聞くことがありますし、実際私も飲み始めた頃はお腹が緩くなりました。

 

青汁は薬ではないので、お腹を壊した時に考えられるのは、今まで口にしていなかった青汁が、体内に入ってきたため、身体が驚いたことで反応を示し、結果下痢になったか、飲み始めた青汁の成分が自分の体に合っていなかったかだと思われます。

 

もともと青汁に使われている原料の多くは、ケール・あしたば・大麦若葉をはじめとした青葉で、ミネラルやオリゴ糖・そして食物繊維が豊富に含まれているものばかりです。
こういった原料を、細かく粉砕したり、栄養分を取り出して作られたのが青汁なのです。

 

胃や腸に直接働きかける成分が多いほど、初めて規定量を飲んだ時に体が過剰な反応を示す場合が多く見られます。そういった場合は、飲む量を半分から3分の1程度に減らして様子を見てみましょう。

 

また、胃腸が弱いと感じている方でしたら、冷たい水に溶くのではなく、ぬるま湯や少し温めた牛乳などに溶いて飲むのも胃腸には優しい飲み方と言えます。ただし、お湯で割ってしまうと、せっかくの青汁の成分が壊れてしまいますので、お湯は避けましょう。

 

青汁といっても種類はさまざまですし、水に溶いて飲むものばかりではありません。今まで粉を溶くのが面倒と思っていた方にはジェルタイプの青汁や、美容を重視したい方には美容成分たっぷり配合された青汁もありますよ。是非参考にしてみてください。

 

美容成分を重視した青汁はこちら

美感青汁の写真

 

美力青汁の写真

美容成分

コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・コエンザイムQ10・プラセンタ

ヒアルロン酸・セラミド・ローヤルゼリー・ビタミンC・フィッシュコラーゲン

1本あたりの値段

66円

210円

1箱の価格

1,980円

1,050円(お試し価格)