むくみを解消してくれる青汁

水を飲んでも太ってしまう?

よく「水を飲んでも太ってしまう」と言うのを耳にしますが、放ってはおけないほど身体の余分な水分が溜まり足がパンパンになってしまうことないですか?
朝履いていた靴が夕方にはきつくで、靴の跡がくっきりと残ってしまったり・・・。
それは、水分の摂り過ぎはもちろん、冷えやストレスからくるものが多いのです。

 

では、そのむくみを取るために青汁がどう効果を発揮するのでしょうか?
青汁に使われる原料の中に『明日葉』があります。栄養素は食物繊維・ビタミンB群・カリウムなど豊富な栄養素を含んでいます。
特に、カリウムが体内の余分な水分を外に排出してくれる効果が高いのです。
それ以上に明日葉の根や茎からにじみ出てくるカルコンという成分が、美容と健康に気を使う女性が大注目の成分なのです。

むくみを取って栄養を補給

では、具体的にどうしたら良いでしょうか?むくみを取るには半身浴が効果的。37〜38℃と少しぬるめのお湯に20〜30分ほど胸から下を浸かる様にします。
この方法は、胸がお湯から出ている為、心臓に負担をかけることなくジンワリと汗を書くことが出来ます。リラックスして行うために、濡れてしまっても惜しくない雑誌や本などを持ち込んで行うのも効果的。
毎日続けるうちに体の巡りや代謝が良くなり太りにくい体質になると言われています。冷え性や水太りをしやすい方は体質の改善が実感しやすい様です。

 

そうして徐々に体質が改善されてきたところで、今度は身体の内側から新鮮な野菜や青汁などでミネラルや食物繊維をしっかりと補うことでさらに実感が出来ます。
代謝が良くなるという事は、身体の隅々にまで栄養が行き渡り、各機能がしっかりとその働きをしてくれ健康的に日々を過ごす事が出来るのです。