妊婦さんに勧めたい青汁

妊娠中は栄養が不足しがち・・・

妊婦さんが妊娠初期に積極的に摂ることを勧められる栄養素の1つに『葉酸』があります。お腹の中に宿った胎児を形成する神経や脳の発達に葉酸が大きく関係してくるからです。それ以外にも、貧血予防にもなる大事な栄養素です。
葉酸はサプリメントなどでも摂取することが出来ますが、青汁をオススメする理由はそれだけではないのです。青汁には葉酸以外にも多くの栄養素を含んでいますし、現代人に多い野菜不足による便秘・肌荒れなどの改善も期待できるからです。

オススメの青汁はこちら

ふるさと青汁 若葉青汁 美感青汁

ふるさと青汁

食物繊維以外にも妊婦さんに不足しがちなビタミン・ミネラルを豊富に含むあしたばを主原料として作られています。

健康家族のカルシウムもとれる初摘み若葉青汁

葉酸を多く含むゴマ若葉を使用しています。牛乳よりも吸収率の良い海藻カルシウムを配合しているのがこだわりポイントです。

美感青汁

『ザ・青汁』が苦手な方にはマンゴー味のゼリータイプの青汁を。食べるタイプの青汁は今までの青汁の概念を覆します。

妊婦さんに青汁を勧める理由

不足する栄養素の補給

お母さんが口から摂取した栄養素は胎児に優先的に回るので、どうしてもお母さんは栄養が不足しがちになります。良く聞くのがカルシウムが不足して骨や歯などがもろくなるといった事や鉄分不足による貧血など。青汁にはトータルバランスを考え身体に不足しがちな栄養素を効率的に摂取できるように配合されて出来ています。つわりで食事が摂れない時でも青汁が飲めるのであれば、栄養素が補給できますね。

妊婦さんの多くの悩みである便秘を改善

今までお通じが良かった人でも妊娠すると便秘になって・・・という声を聞きます。胎児が大きくなることによって、腸が圧迫され正常な活動が出来なくなるために便秘になりがちになるようです。体内に長く留まることによって肌荒れが起こったり、お腹が張ってしまったりします。妊娠中は薬にも多くの制限が掛かりますし、自然な形で改善するには食物繊維を多く取ることが良いでしょう。その点、青汁に使われている青菜は食物繊維を多く含んだものばかりです。

食べ過ぎを抑えられる

妊娠後期になると、食欲が進む方が多くなります。そうするとついつい食べ過ぎてしまい、体重が増加してお医者様から注意が入ることがあります。そういった時は、食事の前に青汁を飲むようにしましょう。栄養素はしっかりと含まれていますし、先にお腹の中に入ることによって後から入ってくる食事を抑えることが出来るからです。

 

青汁はいずれも十分に高い栄養素を誇っています。つわり時期の栄養補給や体調管理に一役買ってくれますし、身体や足などのむくみをすっきりさせる効果も報告されています。葉酸は一日400マイクログラムを目安に摂取するのが望ましいとされています。水溶性のビタミンの為、過剰摂取をしたとしても尿として体外に排出されてしまいます。葉酸以外にもカルシウムも不足しがちです。青汁を飲むときには牛乳に溶かすと、抹茶オレの様になりますので飲みやすく、同時に摂取できるのでオススメな飲み方ですよ。